2010年01月26日

静まる法廷、響く音声=菅家さん、目閉じ聞き入る−「自白」テープ・足利再審公判(時事通信)

 静まりかえる法廷に響く音声−。宇都宮地裁で21日行われた菅家利和さん(63)の再審公判で、検事が取り調べた様子を録音したテープが再生された。「うその自白」はなぜ起こったのか。傍聴を求め、地裁には朝から大勢の人が集まった。
 公判は10時すぎに開廷。裁判長が「証拠調べに入ります。午前中は1月28日に取り調べたテープを再生します」と述べると、書記官が再生ボタンを押した。
 「あのなあ、テープを用意してるけどいいか」。冒頭、廷内のスピーカーから、菅家さんに録音の同意を求める取り調べ検事の声が響いた。菅家さんの声は聞こえないが、検事は「まあ、気にしないで。やらしてくれ」と気軽な雰囲気の口調で続けた。
 その後、1984年の長谷部有美ちゃん殺害事件について、「どんな事件なのか聞かしてもらおうと思ってるんだけど」といったん切り出した。しかし、すぐには事件のことを聞かず、体調を気遣う質問に。菅家さんは「いい方じゃないです。足も疲れます」などと答えた。
 グレーのスーツを着た菅家さんは席に座り、やりとりを記録した書面を読んだり、目をつぶってじっと考え込む様子を見せた。
 地裁には、傍聴を求めて早朝から支援者らが詰めかけ、48席の一般傍聴席に772人が並んだ。 

【関連ニュース】
取り調べテープを再生=菅家さん「自白」、任意性検証
同僚から現金奪い監禁=容疑でホスト3人逮捕
景品交換所から400万円奪う=2人組、テープで従業員縛る
布川事件の再審開始確定=「自白疑問」の高裁判断支持
テープ芯に指紋、1人と一致=時効直前3人逮捕の強盗致死

小沢氏入場に拍手まばら…地方代議員会議(読売新聞)
ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)
刑事補償請求、来月4日に決定=横浜事件の免訴判決で−地裁(時事通信)
経済、安保で質疑=衆院予算委(時事通信)
早大の賠償減額 東京高裁「つくば市、過失大」 風力発電訴訟(産経新聞)
posted by カワムラ ハルオ at 03:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。