2010年01月31日

<普天間移設>額賀元防衛庁長官、駐日米大使と意見交換(毎日新聞)

 自民党の額賀福志郎元防衛庁長官は28日、ルース駐日米大使と東京都内の米大使館で会談し、米軍普天間飛行場移設問題について意見交換した。ルース氏は「米国は今でも現行案をベストだと思っている。鳩山政権は5月までに結論を出すと言っているが、どう対応するか見守りたい」と語った。

 その後、額賀氏は同党額賀派の会合で「万が一結論が出ずに現状固定となると沖縄県民の展望は開けない。日本の安全保障も危うくなり、日米関係の信頼が失われていく」と指摘した。【木下訓明】

【関連ニュース】
普天間移設:米次官補が近く沖縄へ
普天間移設:「覚悟持ち5月までに」首相
参院予算委:鳩山首相、還付金辞退も 贈与税納付で
小沢幹事長:稲嶺新市長と会談、「思い受けとめる」
鳩山首相:普天間移設「5月までに出す」

阿久根市長「取材での庁舎内の撮影禁止」通達(読売新聞)
小沢氏「もう少し頑張る」=参院選に全力(時事通信)
電気カーペット パナソニック電工製で焼損事故 リコール(毎日新聞)
民家で高齢夫婦? 遺体=近くに遺書、自殺か−警視庁(時事通信)
小沢氏会見 語気強め裏献金否定(産経新聞)
posted by カワムラ ハルオ at 15:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

連合内に「選挙協力」異論 小沢氏問題、影落とす(産経新聞)

 夏の参院選に向け、民主党の小沢一郎幹事長が求めている本格的な選挙協力の要請に、民主党最大の支持団体、日本労働組合総連合会(連合)の内部から慎重意見が相次いでいる。小沢氏が東京地検特捜部の聴取を受けるなど「政治とカネ」が取り上げられ、小沢氏との親密関係が連合のイメージダウンになるとの懸念が広がったためだ。

 連合内では、参院選に向け、古賀伸明会長が小沢氏の選挙区行脚に同行する案が浮上していた。だが「さらに内閣支持率が急落し、小沢辞任論が噴出すれば同行は難しい」(連合関係者)との声も出始めた。

 小沢氏が提案する「連合の支援」を前提にした参院選の選挙区での複数候補擁立に「黄信号」がともりかねない。

 幹部が事件対応で判断を迫られたのは16日だった。

 前日に逮捕された小沢氏の元秘書で衆院議員、石川知裕(ともひろ)容疑者について協議。古賀氏は、16日午後の民主党大会で「現職議員が逮捕され極めて残念だ。事実関係を知り得ず捜査状況を見守りたい」と静観姿勢を表明。同時に「状況に応じた党の適切な対応も要望したい」と言い添えた。直接言及はしなかったが、小沢氏の処遇への関心の高さを印象付けた。

 連合内には「事件を引きずりながら参院選で勝利できるのか。一蓮托生(いちれんたくしょう)というわけにはいかない」(産業別労組幹部)と厳しい声もあり、連合執行部は難しい判断を迫られている。

【関連記事】
民主、都議補選で敗北 参院選に不安
小沢氏問題で一様に沈黙守る民主は「異様」
池田容疑者「報告していた」…小沢氏の説明と矛盾
小沢氏「事実のすべて」 疑問多く不可解
「小沢独裁」あぶり出せ 自民が攻勢強める

足利事件再審公判 録音テープ再生へ 菅家さん“自白”の経緯問う(産経新聞)
1票の格差2倍超、広島高裁も違憲判決(読売新聞)
<花粉>飛散、1週間ほど早く…東・北日本 環境省予測(毎日新聞)
「大黒の芝」記載、平城宮跡と認識の史料(読売新聞)
石川容疑者「不正はない」 民主党議員にコメント(産経新聞)
posted by カワムラ ハルオ at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月29日

ハイチ大地震 元「国連の顔」が橋渡し役に(産経新聞)

 【ニューヨーク=松尾理也】ハイチのジャーナリストとして活躍、2007年から約2年間にわたって国連報道官を務めた後、ポルトープランスに戻っていたミシェル・モンタスさんが、ハイチ大地震で国連と祖国の橋渡し役として活躍している。

 モンタスさんは1970年代から夫とともにハイチでラジオ・ジャーナリストとして活動。反体制の姿勢を貫いた結果、夫は2000年に暗殺され、モンタスさん自身にも脅迫が相次いだことから、国外に拠点を移すことを余儀なくされた。

 07年に潘基文事務総長から国連報道官に任命され、国連の顔として活躍していたが、昨年末に退官。地震の際は家族と会うためポルトープランスに滞在していた。

 国連本部と電話回線で結んだ会見では、「国連など、さまざまな組織や人々による成果をきちんと伝えることが必要だ」と、略奪や暴力など否定的な側面の報道に傾きがちなメディアに苦言を呈した。

 上司だった潘事務総長とは17日に再会。潘事務総長は、モンタスさんにハイチでの滞在延長を要請した。個人としても被災者支援を行っているモンタスさんは国連平和維持活動(PKO)の国連ハイチ安定化派遣団(MINUSTAH)と協力し、ハイチの復興に力を尽くす意向を示しているという。

【関連記事】
Twitterでつぶやくだけで募金 ハイチ地震支援で
ブラピ、チャリティー出席もアンジー欠席
「気が遠くなる」 ハイチ大地震、がれき撤去を本格開始
ハイチ大地震11日ぶり生存者救出 死者12万人に
自衛隊医官らハイチ被災地入り 仮設テントで治療

4億円不記載、まず大久保被告に相談…石川容疑者(読売新聞)
財政健全化目標めぐる検討開始−政府(医療介護CBニュース)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
東国原知事の活躍そのまんま教科書…「時事英語」で紹介(スポーツ報知)
ハイチ救援NPO、第2陣現地へ=医師、看護師ら11人−成田(時事通信)
posted by カワムラ ハルオ at 13:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。